085
コーディネート

one room hotel

間取り 1R
所在地 東京都台東区
完成年月 2017年5月
業務範囲 トータルコーディネート
コーディネーター 八木 清貴

「ワンルーム」という、扉では区切られない一見広々とした空間。

しかしリビング・ダイニング・ベッドルームとそれぞれのゾーニングをしっかりと分け、

色味はなるべく抑えながら、グラデーションを効かせたモノトーン。

その中に映えるウォールナットの落ち着いた木の色合いに、硝子やスチールの素材。

そんなカジュアル控え目のシンプルアイテムで、限られたスペースを存分にゆったり過ごせる

ホテルの様に上品な、大人のワンルームとしてコーディネートさせていただきました。

scene 01

atmosphere & living

「食べる」も「休む」も「くつろぐ」も、

全てを仕切られていない空間で完結させなければならないワンルーム。

しかしながら、仕切られていないからこその利点。

動 線 が 1 本 で 済 む 。

ダイニングからソファーをはさんでリビング、そしてベッドへ、

徒歩にしてわずか数歩でしかもノンストップですべて完結してしまう空間は

それはそれで心地良い生活感を生むものです。

自慢のソファはボリューミィで心地よく座れるワンアーム。

1人ごろごろ横たわったり、2人並んで映画を見たり、友人を呼んで3人以上になったら床座りでもどうぞ。

オットマンを動線側に置く事で、デイベッドにも早変わりと、なんともユーズフル。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

scene 02

bed area

リビングからパーティションとフェイクグリーン越しの奥まったスペースにはベッドエリア。

スペースいっぱいいっぱいに置かれたサイズは何とクイーンサイズ。

寝返りもうてるじゅうぶんな空間でゆっくり身体を休めてください。

足下には小ぶりなキャビネットとフロアライトで、ムーディーな雰囲気を作るのに一躍買ってくれるはずです。

scene 03

dining area

ワンルームなので仕切りはございませんが、床がフローリングからタイル張りへチェンジ。

床も変われば、空間も変わる。

というわけで、この空間だけダークグレーやネイビーといった落ち着いた色から、

タイルの白さ・モダンなデザインでより際立つライトグレーやシルバーを基調に。

アクセントとしてのグリーンも良く映えます。

空間が明るくなる事で、料理だって彩り鮮やかに、美味しさ2割増しのはず。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

Consultation インテリア相談

インテリアコーディネートのご相談なら、著名人宅からホテルまで、実績豊富なリグナへ。ご相談だけなら無料です。

おしゃれ家具大好き・経験豊富なリグナスタッフが、心を込めてご提案いたします。

無料のインテリアのご相談はこちら
こだわり条件で探す 即納OKの商品から セールアイテムから
ゲストさん ログイン
東京TOKYO

営業時間 11:00 - 19:00 / 木曜定休(祝日は営業)

福岡FUKUOKA

営業時間 09:30 - 18:00 土日

送信中

0%