078
コーディネート

D Y L A N

間取り 1R 8.4畳
所在地 東京都新宿区
完成年月 2017年02月
業務範囲 トータルコーディネート
コーディネーター 仲野 俊生
協力 REISM
物件HP/before Union東中野
写真 八幡 宏

都内を中心にリノベーションブランドを展開する「REISM」とのコラボレート企画。

「REISM meets Rigna」

シングル向けのリノベーション空間を、リグナ独自のコーディネートで仕上げます。

つづく第26弾、真っ白な壁で構成された異形のワンルーム。

天井はコンクリート素地、床はパーケット。

その間を走る壁は全て白塗装。

掃き出し窓が対面しており、明るく軽い、抜けた爽やか空間です。

お部屋の軽やかさに合わせ、足元スッキリのアイテムでコーディネート。

邪魔にならない程度に黒いアイテムを取り入れてアクセントに。

家具やグリーンでゾーニングを図るのもワンルームならでは。

白い空間ってやっぱりいいなぁ。

それぞれのアイテムの輪郭がくっきりと浮かび上がって、みんなが主役になれるから。

窓から窓へと抜ける光と空気、外の音に耳を傾けながらゆったりとした時間を楽しみましょう。

さぁ、心地よい風に吹かれて。

>> atmosphere

All you need is White

玄関を入ったら出迎えのキッチン。

ひとつとして同じ形のないパズルのピースを当て込むように、ひとつの部屋が形成されています。

「こんなのもアリ」って思わせる、自由な間取りです。

奥に進めば左右に広がるワンルーム。

向かい合うように配置された掃き出し窓からは、風と光とが自由に出入りします。

白い壁はより白く、素材の表情を豊かに浮かび上がらせる。

決してボリューミーではない”黒いもの”も、ほどよい存在感の良いスパイスです。

全てを引き立て、主役に変えてしまう。それが白。

空間には白が必要なんです。

>> my favorite sofa

He name is BRICK

ざっくり感のあるファブリックが広がるブリックソファ。

リグナでも人気の高い彼の特徴は、その角ばったデザインと硬めの座り心地。あとコスパ。

「柔らかすぎるソファは、かえって疲れてしまう」なんて人におすすめ。

オプションの木肘を選べば、サイドテーブルいらずの便利屋さんです。

さて今回もご登場のハイカラさん。

日差しに包まれて読書中のご様子です。

グリーンで隔てられたゾーニングは、抜け感もあってほどよいお籠り具合。

全体が視界に収まるより、少し高低差をつけて空間にメリハリをつけるとよいです。

あ、これはこれは読書中に失礼いたしました。お気になさらずどうぞ続けてくださいませ。

たくさんはいらないけど、手の届くところに少し欲しい。収納ってそういうもの。

ハイカラさんは今、古材を使って組まれた棚にお気に入りの雑誌や本を収納中です。

それにしてもグリーンのレイヤー感が美しい。

奥行きが感じられ、潤いも得られる。端に寄せがちな植栽も、こういった置き方もアリなのでは。

>> layout

Center of the Room

生活の要であり、主要機能「おだいどころ」。

導線の軸に配置されることで何をするにも最短距離。

カウンターにはダイニングテーブルをくっつけることもできましたが、

お部屋の中央のウェイトを大きくし過ぎても、ちょっとだけ邪魔。

なので今回はカウンターチェアを添えるだけにしておきましょう。

床が見えて足元スッキリ、気持ちいいです。

あなたも経験がありますか?

硬い鉄のスプーンの首めがけて「曲がれぇ!」と念じたことが。

ハイカラさん、今まさにその「曲がれぇ!」の真っ最中です。

でも、そんなことしてもし上手くいっちゃったらご飯食べにくくなっちゃいますね。

いや、そうか、ふむ、なるほど。

彼は今を生きているのだ。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

>> light or heavy ?

He name is Galette

すらっとした御御足、軽い?重い?

早速答え合わせです、正解は重い!!そう!見た目より重い!!!

詰まってますよ〜鉄が。鉄が詰まってますよ〜。

この重さが良いのです。

そしてディテールへのこだわり。

なんといってもこの真鍮溶接部がかっこよすぎて、なんだかもうハイです。Hignです。

くるくる回せば高さも変えられる機能性、太いボルトを軸に昇降する座面。

細部に宿るのは神ではない、ロマンなのだ!!なんなら私もこの細部に宿ってしまいたい!!!!

・・・まぁ、かっこいいんですよ。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

>> my friends

Flower and Dog

花は散っちゃうのが悲しいから、

犬はペット不可賃貸なので飼えないから。

ハイカラさんの想いが詰まったアートたち。

>> dive in bed !

He name is LOEI

骨骨しい鉄のベッドフレームのルーイ。

シンプルが故に、あなた色に染めやすいのも彼の特徴です。

ファブリックで遊んじゃいましょう。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

>> my favorite time

5 p.m. SUN DOWNER

休日を存分にお家で過ごしたハイカラさん。

ちょっと疲れちゃったご様子。

「ふぅ・・・」と深い呼吸とともに、ぽけーっとしちゃう、そんな時間。

今日は太陽もお休みに入り、昼から夜へと時間が流れます。

そんなこんなしているうちにもうこんな時間です。

1日の終わりにふと、あることがハイカラさんの頭をよぎります。

「やばい、今日何もしていない」

やばくなんかありません、何もしない日があったって良いじゃないですか。

「何もしない」をする日だって、毎日の中には必要です。

どうぞごゆっくりお休みななってください。

明日もまた、1日を楽しんでいきましょう。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

>> layout

Cross Line

今回はキッチンを中心に、十字をきるように動線確保し、その中でアイテムをレイアウト。

ワンルームながら、いくつかのシーンに合わせてゾーニングを主体としたコーディネートとなりました。

今回のポイントはやはり「床を見せること」、そして「足元の軽いアイテムをセレクト」です。

そしてこれらはお部屋を広く明るく見せるポイントでもあります。

その中で見せるファブリックの”面感”というのもアクセントですね。

狭いからこそ可能性が溢れていると思います。

これだからワンルームは面白い。

Consultation インテリア相談

インテリアコーディネートのご相談なら、著名人宅からホテルまで、実績豊富なリグナへ。ご相談だけなら無料です。

おしゃれ家具大好き・経験豊富なリグナスタッフが、心を込めてご提案いたします。

無料のインテリアのご相談はこちら
こだわり条件で探す 即納OKの商品から セールアイテムから
ゲストさん ログイン
東京TOKYO

営業時間 11:00 - 19:00 / 木曜定休(祝日は営業)

福岡FUKUOKA

営業時間 09:30 - 18:00 土日

送信中

0%