044
コーディネート

H A R P E R

間取り 1R 9.2畳
所在地 東京都杉並区
完成年月 2015年6月
業務範囲 トータルコーディネート
コーディネーター 仲野 俊生
協力 REISM
物件HP/before Brick高円寺南
写真 八幡 宏

都内を中心にリノベーションブランドを展開する「REISM」とのコラボレート企画。

             「REISM meets Rigna」

シングル向けのリノベーション空間をメインに、リグナが化粧を施します。

つづく第11弾は、赤茶の木とブリックタイルが渋い、ジャズとバーボンが似合うワンルーム。

まず一言。

渋い。

玄関から一歩足を踏み入れた瞬間にその渋さが伝わってきました。

艶感のある深い赤茶のフローリングと、マットなブリックタイルの質感による対比。

壁はシンプルに白い塗装だが、見上げるとスケルトン天井となっていて工業的なインパクト。

「かっこいいっすねぇ。。。」

光のコントラストを利用して、渋い空間を更にトーンダウン。

アイテムも派手なものよりも味わい深いレザーやウォールナットで合わせ、

なんともダンディーな仕上がりになりました。

普段は優しいグリーンも、ここではエッジの効いたアクセントとなっています。

Scene 01

LIGHT EDGE

照明効果で凹凸感を出す

全体的に見ても素材感がしっかりと感じられるお部屋なので、

照明を「当てるところは当てる、当てないところは当てない」と、メリハリを付けてライティングすることで奥行きが増し、立体感のある仕上がりに。

光のコントラストが、雰囲気のある空間を生み出します。

今回のポイントとしては「ブリックタイル」「グリーン」「収納の意匠」そして「ローダイニング」ですね。

天井の配管など、他にもアクセントとしてスポットライトで光を当てるのも◎です。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

Scene 02

Mr. LOW DINING

どっしりローダイニングで空間を広く

デデーンと構えるローダイニングセット。

いいですねぇ。。。

シンプルで重厚感のあるデザインは空間ともマッチし、その包容力になんだか安心感を覚えます。

お父さん的存在です。

低い家具と背の高いグリーンのバランスもよく、丸フラスコランプがほどよいアクセントに。

そしてこのラグの上では間違いなくHADASHIですね。

Scene 03

LOOSE TIME

カチッとした空間に流れるゆるい時間

ローダイニングから振り返ればリラックスシーンが。

ワンルームの面白さはこの”混在”にあるのだと思います。

そしてここでも光のコントラストをつけます。

ねじれコードが素敵なスタンドライトと、壁面に1灯スポットライトを。

この壁面は壁紙ではなく”コンクリートに白塗装”なので、さりげなくその表情が現れてgoodです。

Scene 04

FEELING OF LIFE

カウンター越しの生活感

カウンターを通してダイニングとキッチンが一体的に感じられ、より一層統一感が出ます。

そしてこういったキッチン用品からは”ぬくもり”とか”体温”のようなものが感じられるのでホッとしますね。

この写真で言う、ミキサーなどの「反射する素材」というのもお部屋に輪郭を与えてくれるのでポイントです。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

Scene 05

POINT

小さくても演出力抜群の小物たち

キッチンのミキサー同様、小さくても目を引くものがあります。

それは照明だったり、ガラス素材だったり、グリーンだったり。

トーンが落ち着いた空間だからこそ、こういったクリアなアイテムは効果が出ます。

また、ドライフラワーなどのマットアイテムだって当然のごとく相性バツグンです。グンバツです。

今回はこういった「異なる素材同士が引き立て合う」仕上がりとなりました。

ITEMS

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム

Consultation インテリア相談

インテリアコーディネートのご相談なら、著名人宅からホテルまで、実績豊富なリグナへ。ご相談だけなら無料です。

おしゃれ家具大好き・経験豊富なリグナスタッフが、心を込めてご提案いたします。

無料のインテリアのご相談はこちら
こだわり条件で探す 即納OKの商品から セールアイテムから
ゲストさん ログイン
東京TOKYO

営業時間 11:00 - 19:00 / 木曜定休(祝日は営業)

福岡FUKUOKA

営業時間 09:30 - 18:00 土日

送信中

0%